ゼミから生まれたサークル活動

サークル活動

●陶芸クラブ

陶芸にチャレンジしているゼミ講座「SAIJOゼミ」。このゼミから生まれたサークル「陶芸クラブ」を紹介します。
電動ロクロの音、ラジオの音、土を捏ねる音の中で作業をしながら自問自答していると、他のフリースペースとは少し違う時間の流れを感じられます。右の写真は、遠心力を使って土を引き上げていく「芯出し」という、基本の第一歩です。その感覚を口で説明されても難しく、まさに自分で体感して掴んでいかないといけない作業ですが、コツをつかむと楽しいです。ぜひ一度、陶芸クラブを訪れてみてください。どなたでも歓迎します。


「手びねり」での作陶。電動ロクロと違った奥深さです!陶芸クラブでは土と仲良くなるために、手びねりからはじめます。二種類の土を用意してるので、実際に触りながら自分に合う土を確かめられます。

はじめは遊び半分で粘土を捏ねてるだけかと思いきや、気付けば夢中になっているのが面白いですね。器だけでなく、動物やブローチなど、いろいろな形を作ってください。



時には、陶芸の先輩?生徒から「コツ」など教えてもらえます。また、授業の合間の気分転換に、陶芸をやりに来て、勉強とは違う頭の使い方でリフレッシュしていく生徒もいます。

陶芸作品は、美術品でもあり日用品でもあります。実際に使えるところが面白いです。味噌汁を入れて飲んでみました。でも、飲みにくかったので、今後の作品の参考にします。失敗を糧にするのです。

月別 アーカイブ